2017年06月15日

ASMODUS MINIKIN Reborn (Prototype) 徹底レビュー

P_20170615_125015.jpg
最高にクールなプロダクツをリリースし続けるUS VAPEメーカーASMODUSから、大人気のMINIKINシリーズに新しくMINIKIN Rebornが仲間入り!

MINIKIN RebornはMINIKINのフォルムを継承しつつ、MINIKIN2でフィーチャーされたタッチスクリーンパネルを採用したシリーズ最高峰のスペックを誇るレギュレーテッドMOD。
先日行われたSVM(SECRET VAPE MEETING)でASMODUSのEddie氏よりレビュー依頼をいただいたので、早速Rebornの魅力に迫ってみることにしましょう!

ASMODUS MINIKIN Reborn Prototype レビューはASMODUSの提供でお送りします。


P_20170613_224213.jpg
■ASMODUS MINIKIN Reborn(Prototype)
サイズ 81mm x 25mm x 56mm
材質 亜鉛合金製
モード VW、TC、TCR、TFR、CURVE
VW機能 5.0W〜190W(通常版はMAX168W)
TC対応ワイヤー Ni200、SS316、SS317、Ti
TC範囲 212°F〜512°F(100℃〜300℃)
対応抵抗値 0.1Ω〜2.5Ω
プリヒート機能 SOFT、NORMAL、HARD
タッチスクリーンパネル搭載
ファームウェアアップデート可
microUSBポート搭載
バッテリー 18650 x 2(別売)


■特長
・MINIKINのフォルムそのままにタッチスクリーンを実装!
・24mmアトマがジャストフィット!
・0.1秒単位でプログラムできるカーブモード搭載!
・VWモード時の立ち上がりを3段階でコントロール可!
・先行発売のプロトタイプは190W出力まで対応!



■ディテール
P_20170613_224643.jpg
パッケージを開けるとMINIKIN Reborn本体、microUSBケーブル、バッテリーについての注意書き、ワランティカード、マニュアルが入っています。


P_20170613_224755.jpg
こちらがMINIKIN Reborn。
オレンジの部分は分厚い塗装、ブラックの部分はグリップ感満点のスリークラバーフィニッシュ。
ずっしりとした重さも相まって、まるでクルマやバイクのようなマシン的質感を醸し出しています。


P_20170613_224840.jpg
裏面にはmicroUSBポート。
MINIKINに存在していた+、-ボタンはRebornには存在しません。


P_20170613_225430.jpg
パフボタンはこれまでのMINIKINのような膨らんだボタンではなく、指先に吸いつくような窪みのあるボタンに変更。
タッチスクリーンもMINIKIN2の物とは違い、ミラーフィニッシュがかけられています。


P_20170613_224901.jpg
スレッドは510、スプリング式のコンタクトピン。


P_20170613_224915.jpg
底面にはベントホール。


P_20170613_225528.jpg
バッテリーカバーはマグネットでガッチリ固定され、少しのグラつきもありません。


P_20170613_225615.jpg
MINIKIN Rebornは18650バッテリーを2本スタックで使用しますので、必ずペアリングされたものを用いましょう。


■各モードについて
・VWモード
P_20170613_230136.jpg
左上からバッテリーインジケータ、コイル抵抗値、カレントボルテージ、ワッテージ、プリヒート種別、パフカウンター、パフタイム、ロック種別、モード名を表示。
VWモードは5.0〜190W(通常版は5.0W〜168W)まで、100W以下は0.1W刻み100W以上は1W刻みで出力コントロールが可能。


P_20170613_230244.jpg
VWモード選択時にはプリヒートをSOFT、NORMAL、HARDの3つから指定できます。


・TCモード
P_20170613_230456.jpg
左上からバッテリーインジケータ、コイル抵抗値、カレントボルテージ、設定温度、パフカウンター、パフタイム、ロック種別、モード名を表示。
TCモードにプリセットされているワイヤーはNi200、SS316、SS317、Tiの4種。
TCモード時の最大ワッテージは5.0W〜120Wまでとなります。


・TCRモード
P_20170613_230544.jpg
左上からバッテリーインジケータ、コイル抵抗値、カレントボルテージ、設定温度、パフカウンター、パフタイム、ロック種別、モード名を表示。
TCRモードはあらかじめ設定したTCR値に則って温度管理を行うモード。


P_20170613_230531.jpg
入力できるTCR値は0.00000から0.00001刻みで入力可能。(上限未確認)

【MINIKIN Rebornに入力するTCR値(参考例)】
・Ni200・・・0.00600
・SS316・・・0.00088
・SS317・・・0.00094
・Ti・・・・ 0.00366


・TFRモード
P_20170613_230614.jpg
左上からバッテリーインジケータ、コイル抵抗値、カレントボルテージ、設定温度、パフカウンター、パフタイム、ロック種別、モード名を表示。
TFRモードはあらかじめ設定したTFR(温度カーブ)に則って温度管理を行うモード。


P_20170613_230600.jpg
212°Fから572°Fまで90°Fごとに0.00000〜9.99999までの値を入力し、温度カーブを自由に設定可能です。


・CURVEモード
P_20170613_230905.jpg
左上からバッテリーインジケータ、コイル抵抗値、カレントボルテージ、ワッテージ、ポイント表示、パフカウンター、パフタイム、ロック種別、モード名を表示。
もうすっかりおなじみになったカーブモード。
パフボタンオンから何秒間何ワットで出力させるかを0.1秒単位でプログラミングし、厳密には違いますがカンタルワイヤーでも温度管理的な事ができるモードです。


P_20170613_230914.jpg
設定画面左の数字がワッテージ、右の数字が秒数。
この画像だとパフボタンを押してから0.1秒間35WでW出力し、その後0.2秒間は29Wで出力、次に1.0秒間30W、続いて2.5秒間33W、あとは3秒間30W出力させています。
じわじわとワッテージを上げてグッと下げてまた上げるとか、最初にガツン上げてとあとはなだらかに下げて行くなどなど自由自在。
特にクラプトンのように熱くなりがちな特殊コイル使用時に絶大な効果を発揮してくれるモードです。


・スクリーンロック
P_20170613_230940.jpg
MINIKIN Rebornはスクリーンロックの方法を3種類から選べるようになりました。
【M1】スワイプしてロック解除→パフボタン1クリックでロック
【M2】パフボタン3クリックでロック解除→パフボタン3クリックでロック
【M3】パフボタン3クリック後にスワイプしてロック解除→パフボタン3クリック
MINIKIN2の操作に慣れているので筆者は【M1】を使用していますが、スワイプが面倒であるとか頻繁にワッテージ操作をする場合は【M2】が使いやすいです。
また、ロック状態を画面上のアイコンで確認することができるようになったのも嬉しいポイント。


■フィッティング
P_20170613_231559.jpg
GOON LPとのフィッティングはこんな感じ。
24mmのアトマでジャストフィットですね。

P_20170613_231710.jpg
ビビッドなオレンジにブラックのATTY、まるでアメ車みたいなルックスに腰砕け。


P_20170613_231641.jpg
もうね、好きな人はほんとたまらんと思います。


P_20170615_215751.jpg
以前にレビューした激ウマクリアロ、VO-M TANKを乗せてみました。
クリアロやタンクを乗せても良いシルエットを保っていますね。
MINIKINって汎用性に富んだ素晴らしいデザインだとつくづく感心させられます。


■吸ってみた

0.37ΩデュアルのGOON LPにEXCISIONのPARADOXをチャージし、35Wでパフってみました。

「スコーーー、プハーーーー!!!」

VW-NORMALモードでも一般的なレギュレーテッドMODに比べて立ち上がりが早く感じます。
パフボタンを押してからのディレイタイムは設けられていますが、レスポンスが早いのでストレスがありません。
SOFTモードではじわじわと、HARDモードではかなりのプリヒートがかかっている印象をうけました。
リキッドやアトマイザーによって好みの吸い心地を簡単に使い分けできるようになったのは非常に便利。

CURVEモードについてはもう円熟の域。
適当にプログラムを組んでもちゃんとその通りに動いてくれます。
自由度が高い分、慣れないうちは戸惑うかもしれませんがスイートスポットにハマるセッティングが出来た時には思わずガッツポーズ。
難しい事無しで直感的にいじくりまわせるのがものすごく楽しいです。

TC、TCR、TFRモードに関してはまずまず。
ちゃんとミストとフレーバーを味わえますが、その精度についてはあまり過信しないほうがいいかもしれません。
でも個人的には温度管理使わないので無くてもへっちゃら。
MINIKIN持ったらVWかカーブモードでスコープハー、これに尽きます。


■総評
MINIKIN Rebornは、シリーズ最高峰のスペックを備えたモンスターMOD。
MINIKINとMINIKIN2のニコイチで終わることなく、さらに機能を強化したニューチップを積んでいる点からもASMODUSのMODづくりに対する熱い情熱が伝わってきます。
とにかく満足感と所有感がハンパない。
往年のASMODUS&MINIKINファンだけでなくとも是非一度手にとってみてほしいMODです。

正直、初心者には盛りだくさん過ぎるスペックかもしれませんが、このサイズと重さが気にならなければMINIKIN RebornでVAPEデビューも全然アリ。
あとはどんなアトマイザーを乗せるかどうかがセンスの見せどころ。
アメリカンテイスト満載なGOONやKENEDDY、APOCALYPSEなどのゴリゴリのドリッパーを乗せるもよし、SMOKやLIMITLESSなどのタンクでジワジワ味わうもよし。
MINIKIN RebornはあなたのVAPE LIFEをカジュアルに、そしてクールに演出してくれるでしょう!

MINIKIN Rebornは現在American Vape本店、柏店にて好評発売中です!
恐らくWebショップで販売されるのはMAX168Wの通常版になると思われます。
プロトタイプをお求めの方は実店舗へGO!
http://www.americanvape.jp/access.html
VAPEブログランキングはこちら→ にほんブログ村

MODからリキッドまで何でも揃うベプログショップ!

VAPE COLLECTION
最新MODからアトマイザーまで人気商品を多数取り扱い。
国内外の人気リキッドが送料無料! vape-collection.jpg

posted by BB at 23:47 | MOD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人気記事ピックアップ
冷たいリキッド 汗ばむ季節にぴったり! フルーツ香る冷たいリキッド大特集!
ウーキークッキー 念願の激ウマリキッド! SPACE WARS SAUCE WOOKEY COOKIE
America's Favorite Cookie 新型ウーキー登場! America's Favorite Cookieレビュー
Pico25 Eleaf iStick Pico25徹底レビュー
Atopack Penguin Joyetech Atopack Penguin スターターキットレビュー
Nautilus2 激重&濃厚クリアロ! Aspire Nautilus2 レビュー
ES-Z RDTA ES MODS ES-Z RDTAレビュー
VOLUNA ASMODUS VOLUNA RDTA レビュー!
starterkits 爆煙&特濃スターターキット! aspire K4 レビュー!
istickpico TCR機能搭載ミニマムMOD! Eleaf iStick Picoレビュー!
MINIKIN Reborn ASMODUS MINIKIN Reborn (Prototype) 徹底レビュー
ploomtech PloomTECH裏技!VAPEでたばこカプセル再利用&吸い尽くす方法
VAPEで禁煙する方法 失敗しない電子タバコ・VAPEで禁煙する方法
starterkits 徹底比較!VAPE初心者向け電子タバコ最新スターターキットカタログ
aspirek4 超個人的おすすめベストリキッドランキング 2016
リキッドランキング どうかしてるぜ!2016年最も工口かったリキッドレビューランキング!
aspirek4 結局何使ってるの!? 超個人的に出番が多いBOX MODランキング2016
DSC_2219.jpg 直ドリ!VAPE初心者がRDAのコイルを巻いてセットアップしてみた
titaniumcoil 初めてのチタンコイルビルド〜注意点とまとめ
titaniumcoil 夏だ!海だ!VAPEオフ@小野浦海水浴場 2016.8.7