2017年07月11日

Eleaf iStick Pico25 スターターキット 徹底レビュー

pico25003.jpg
今や国民標準機と言っても過言ではない電子タバコ、Eleaf iStick Pico。
iStick Picoは2016年に発売されるや否やコンパクトなフォルムと高い性能で市場を圧巻、数多くのカラーバリエーションと派生機までも産み出すことになったEleafの大ベストセラー機です。
今日はそんなiStick Picoシリーズのニューラインナップ、iStick Pico25を徹底レビューしてみましょう!

Eleaf iStick Pico25 スターターキット 徹底レビューは国内外の激ウマリキッドはもちろんのこと、最新MODからアトマイザーに至るまで充実した商品ラインナップが魅力の電子タバコ専門店、VAPE COLLECTIONさんの提供でお送りします。



pico25001.jpg
■Eleaf iStick Pico25 スターターキット
・iStick Pico25
サイズ 25mm x 48mm x 104mm
重量 143.2g
材質 亜鉛合金製
出力 1W〜85W
モード VW、Bypass、TC(Ni,Ti,SS,TCR-M1,M2,M3)
対応抵抗値  0.1〜3.5Ω (VWモード)、0.05〜1.5Ω (TCモード)
バッテリー 18650 x 1
ファームウェアアップグレード可
microUSBポート搭載

・ELLO Atomizer
サイズ 25mm x 46mm または25mm x 54mm
重量 45.6g または50.5g
材質 SS製
タンク材質 ガラス製
タンク容量 2ml または4ml
付属コイル HW1 Single-Cylinder 0.2ohm Head x 1
 HW2 Dual-Cylinder 0.3ohm Head x 1
エアフローコントロール搭載


■特長
・Picoのフォルムを継承しつつ25mmアトマを搭載可能!
・18650シングルバッテリーで85Wのハイパワー!
・Eleafの新コイル「HW」搭載クリアロELLO同梱!
・ガラスチューブ付け替えでショートorロングタンクにもなるコンパチ仕様!



■ディテール
pico25002.jpg
パッケージ内容はiStick Pico25、microUSBケーブル、ELLOアトマイザー、ロングガラスチューブ、コイルヘッド、ワイドボアドリップチップ、エクステンションパーツ、スペアOリング、マニュアル類と盛りだくさん。


pico25007.jpg

pico25008.jpg
こちらがiStick Pico25。
グリップ部分のデザインが一新されました。
この部分はディスプレイと同じ樹脂製で手に吸い付くような感じ、それ以外の部分はサラサラとした肌触りが特徴です。


pico25004.jpg
スレッドは510、スプリング式のコンタクトピン。
ここ最近ちらほら出てきた25mmまでのアトマイザーを装着可能。


pico25005.jpg
底面には+ボタン-ボタンとベントホール。


P_20170710_211449.jpg
バッテリーは上部のキャップを外し、18650を1本、ポジティブを下向きにして挿入します。
※iStick Pico25の性能を最大限に引き出すには放電レートの高いバッテリーが必須。
特に85W付近の高ワッテージで使用する場合、バッテリーの定格を満たしていないとWeak Batteryエラーになります。

ベプログショップさんおよびVAPE COLLECTIONさんでは30AのSONY VTC4がセットになっていますので、どんなバッテリーを使えばいいか分からない方でも安心してお求めいただけます。


■初代iStick Picoとの比較
hikaku001.jpg
高さは全く一緒。
パフボタンは押しやすく、ディスプレイは非常に見やすくなりました。


hikaku003.jpg
横幅はPico 43mmに対しPico25 48mm。


hikaku002.jpg
厚さはPico 23mmに対しPico25 25mm。
実際に手に取ると確かに大きくなったのが分かります。


■ディスプレイ
iStick Pico25はディスプレイの大型化に伴いDNAライクなGUIに変更され、視認性が格段に向上しました。
各モードのディスプレイ表示を見てみましょう。

【VWモード】
disp001.jpg
左からバッテリーインジケータ、コイル抵抗値、カレントボルテージ、アンペア、ワッテージを表示。
VWモード時にパフボタンと+ボタン長押しでアンペア表示をパフタイムまたはパフカウンターへ切り替えできます。
出力ワッテージは0.1W刻みで調節可能。


【TCモード】
disp002.jpg
左からバッテリーインジケータ、コイル抵抗値、カレントボルテージ、アンペア、上限温度、モード種別を表示。


disp004.jpg
TCモード時にパフボタン4回クリックで最大出力設定モード。
1W〜85Wまで任意のワッテージを指定できます。


【バイパスモード】
disp003.jpg
いわゆる半メカニカルモード。
バッテリーの電圧がそのまま出力されます。


【設定モード】
電源オフ時にパフボタンと+ボタン長押しで設定モードが機動。

・TCR設定
disp005.jpg
TCRは1〜999まで、任意の値を3バンクにメモリ可能です。
 ※推奨TCR値については下記参照
 Ni 600〜700
 Ti 300〜400
 NiFe 300〜400
 SS303,304,316,317 80〜220
 
・プリヒート設定
disp006.jpg
パフボタンを押してからのプリヒートを設定できます。
ワッテージは1W〜85Wまで。


disp008.jpg
タイムは0.2秒〜2.0秒までそれぞれ任意の値を入力可能。


disp007.jpg
プリヒートが必要ない場合はタイムをOFFにしておきましょう。


【ロゴ表示】
もちろんロゴ表示にも対応。
とりあえずKIYOMASAならぬピコマサ仕様にしてみました。
disp009.jpg

ファームウェアアップグレードやロゴカスタマイズを行うためのPC用アプリケーションはこちらからダウンロードできます。
Windows用
http://www.eleafworld.com/wp-content/uploads/download/iStick_Pico_25_V1.04.zip
Mac用
http://www.eleafworld.com/wp-content/uploads/download/iStick_Pico_25_V1.04.pkg.zip


■コットンバーンテスト
TC.jpg
気になるコットンバーンテストの結果はこちら。
もうね、EleafとJoyetechに関しては非の打ち所が無いと思います。
しかしSS316、400°FにおいてコットンがちぎれてしまったのでTCRモードで再テストしてみました。


TCR.jpg
いい感じですね。
600°Fでかなり焼色が着きましたが決してコットンがちぎれることはありませんでした。


■ELLO Atomizer
ello004.jpg
こちらがスターターキット付属のELLO Atomizer。
直径25mmのクリアロマイザーです。


ello001.jpg
エアホールは裏表合わせて2ヶ所、無段階コントロール可。


ello008.jpg
2サイズのガラスチューブとエクステンションパーツが付属するのでショートタンク、ロングタンクの二通りが楽しめます。


ello002.jpg
コンタクトピンは固定。


ello003.jpg
ドリップチップはワイドボア。
さらにワイドなドリップチップも付属します。


ello005.jpg
トップキャップのOPENと書かれた部分をグッと横にスライドさせると・・・


ello006.jpg
ここからリキッドチャージができるんです。
さほど驚きはありませんが、あると便利な機能ですね。


ello007.jpg
分解してみました。
左からボトムパーツコイルヘッド、ガラスチューブ、トップキャップ、ドリップチップ。
各パーツのエッジ・表面処理はさすがEleaf、丁寧に作られています。


ello009.jpg
コイルヘッドを見てみましょう。
左:HW1 0.2Ω 40W〜80W推奨
右:HW2 0.3Ω 30W〜70W推奨
それぞれシングルシリンダー、デュアルシリンダーの表記が気になります。


ello010.jpg
上から見ると一目瞭然。
シリンダーってこういう事だったんですね。
ちなみにHW1はSS、HW2はカンタルで両コイルともパラレルコイルです。


■フィッティング
fitt002.jpg
初代Picoと比べてずいぶんエレガントなフォルムになりました。


fitt003.jpg
基本性能は底上げされ、ルックスまで洗練された感じです。


fitt001.jpg
個人的にはELLOはショートタンク一択。
大変良いシルエットだと思います。


■吸ってみた
大人気のウーキークッキーをさらに美味しく改良したリキッド「America's Favorite Cookie」をチャージし、0.2ΩHW1コイルに50Wでパフってみました。

「スコーーー、プハーーー!!」

こいつ、なかなかのクリアロです。
濃厚な味と高いフレーバーの再現度に「クリアロなのに!」と嫉妬すること請け合い。
正直筆者がビルドしたタンクよりも良い味出ていてかなりショックを受けました。

ドローはやや引っ掛かる感じがあるものの完全に直肺向け。
MTLには全く向きません。
ミストはさほど爆煙でもなくそこそこ穏やか。
ただしELLO Atomizer自体がやや熱を持ちやすいようです。

iStick Pico25に関してはやはりディスプレイの視認性が抜群に良くなったのが好印象。
初代と同じ感覚で使えて25mmまでのアトマが載せられるのは大変魅力に感じました。


■総評
口径の太いアトマをPicoに載せるのにヒートシンクやカスタムバッテリーキャップはもはや不要。
いろんなアトマイザーを気兼ねなく載せられてなおかつ85Wまで出せるiStick Pico25こそ、シリーズ最終形態かつフラッグシップモデルと言ってもいいでしょう。
デザインについては賛否両論あると思いますが、ツルツルしてて落としやすかった初代Picoと比べて格段にグリップ感が向上していますので非常に実用的な改変だと思います。

これからPicoをお買い求めになられる初心者の方は、ぜひこちらのiStick Pico25も選択肢に入れてみてください。
すでにPicoユーザーのベイパーさんは、クルマを乗り換えるように新しいPicoに乗り換えるのもアリだと思います。
新しいPicoで新しいVape Lifeを。

SONY VTC4 30AがセットになったiStick Pico25スターターキットは、ベプログショップにて大好評発売中です!
お買い求めはこちらからどうぞ!
VAPEブログランキングはこちら→ にほんブログ村

MODからリキッドまで何でも揃うベプログショップ!

VAPE COLLECTION
最新MODからアトマイザーまで人気商品を多数取り扱い。
国内外の人気リキッドが送料無料! vape-collection.jpg

posted by BB at 21:50 | MOD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人気記事ピックアップ
冷たいリキッド 汗ばむ季節にぴったり! フルーツ香る冷たいリキッド大特集!
ウーキークッキー 念願の激ウマリキッド! SPACE WARS SAUCE WOOKEY COOKIE
America's Favorite Cookie 新型ウーキー登場! America's Favorite Cookieレビュー
Pico25 Eleaf iStick Pico25徹底レビュー
Atopack Penguin Joyetech Atopack Penguin スターターキットレビュー
Nautilus2 激重&濃厚クリアロ! Aspire Nautilus2 レビュー
ES-Z RDTA ES MODS ES-Z RDTAレビュー
VOLUNA ASMODUS VOLUNA RDTA レビュー!
starterkits 爆煙&特濃スターターキット! aspire K4 レビュー!
istickpico TCR機能搭載ミニマムMOD! Eleaf iStick Picoレビュー!
MINIKIN Reborn ASMODUS MINIKIN Reborn (Prototype) 徹底レビュー
ploomtech PloomTECH裏技!VAPEでたばこカプセル再利用&吸い尽くす方法
VAPEで禁煙する方法 失敗しない電子タバコ・VAPEで禁煙する方法
starterkits 徹底比較!VAPE初心者向け電子タバコ最新スターターキットカタログ
aspirek4 超個人的おすすめベストリキッドランキング 2016
リキッドランキング どうかしてるぜ!2016年最も工口かったリキッドレビューランキング!
aspirek4 結局何使ってるの!? 超個人的に出番が多いBOX MODランキング2016
DSC_2219.jpg 直ドリ!VAPE初心者がRDAのコイルを巻いてセットアップしてみた
titaniumcoil 初めてのチタンコイルビルド〜注意点とまとめ
titaniumcoil 夏だ!海だ!VAPEオフ@小野浦海水浴場 2016.8.7